悪循環に陥っていく

検査技師になるには

近年、日本では新しい産業として医療が期待されているそうです。
いろいろな国で日本の医療技術が活躍しています。
今や医療は日本の経済を助ける重要な存在なのだと思います。
ですが薬一つにしても簡単に作り出せるものではありません。
気の遠くなるような臨床検査を行い、厚生省の許可が出るまでに何年もかかるのだそうです。
これから医療が進めば進むほど、検査技師は必要になってくると思います。
今までは医師が行うことが出来ていた臨床検査ですが、医療の分業化やまたその検査の高度化によって、医師だけでは対応できなくなってきているといいます。
そのために専門の検査技師が必要になってくるのですが、大変な仕事のため、常に人手不足の状態です。
また検査技師になるには短期大学や専門学校、大学といった学校で勉強をし、国家資格試験に合格しなくてはいけません。
最近では大学に進学する人が多いようです。
大学であれば検査技師の中でもまた別の道を進むことも出来るからです。
確かに大学の方が勉強も大変ですし、在学中に国家資格試験に合格しないと、卒業してから資格試験に挑戦するのは現役で挑戦するより大変です。
他のゆっくりした学部に比べるととても大変ですが、大学を出ているとそれだけでまた他の資格に挑戦することも出来ます。
検査技師の資格に合格しても、今度は認定資格があります。
臨床検査士には一級と二級がありますが、一級はかなりの難関だそうです。
ですが大学であれば基盤になる勉強をしっかりとすることが出来ますので、高みを目指すのであれば大学に行くのは良いことだと思います。
これから日本の医療において、ますます必要とされる職業ですので、より多くの人に挑戦してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です