悪循環に陥っていく

救急医療は若いうちに

患者のたらい回しが問題になっています。救急車を呼んで急病人を搬送していたはいいが、受け入れ先が全くなく救急車に乗ってから何時間も経ってから、やっと受け入れ先が決まったり、絶対にあってはならないことですが、その時間が長すぎて患者の命が途絶えてしまったことなどありました。今は医療訴訟も多くなり、手術が多くなる外科医もそれを恐れて人気がなくなってきています。救急医療をやっているからとして何でもかんでも受け入れてしまうと、大変なことになると病院側も判断しているようです。また、医療業界は慢性的な人手不足でもあり、そもそも救急医療に携わるスタッフが少ないので、手が回らない、ということもあります。救急医療は瞬時の判断が大事になってきたり、現場のスピード感がとにかく違います。救急医療を行う医師や看護師の負担はとても大きく、救急医療に携わるには女性は体力的な問題からとても大変だと言われます。体力勝負なので若いスタッフでないと厳しいとも言われます。ですが、瞬時の判断力、スピード感、そして医療技術が常に最先端であることなどから、非常に勉強にもなるし経験にもなります。一流の医師や看護師になるにはこの救急医療の現場に若い内に携わり、経験値をつけておいた方がいい、という考え方もあります。歳をとり経験が長くなれば希望しても入れないということが多いようです。ですので、自分の医療業界でのキャリアを考えるのであれば経験しておくといいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です