悪循環に陥っていく

看護助手Category Archives

看護助手を目指す人が持っておいたほうがいい資格

人手不足によって生じる過酷な勤務に悩む看護師。
医療の現場は慢性的な看護師不足に頭を悩ませています。
そんな過酷な状況での労働を強いられている看護師の業務を少しでも軽減させようという目的から作られた職種である看護助手。
看護助手の仕事は、看護師のサポート的な役割りや、入院患者の消燈台の清潔管理、患者さんの食事や入浴介助などの仕事をします。
病院によっては、患者さんに対するケアは介護職員がやっているところもあります。
看護助手になるには特に持っていなくてはいけない資格はありません。
何も資格がなくても、医療に対する関心や興味があれば働くことは可能です。
しかし、まったくの無資格だと出来る仕事はかなり制限されてしまいます。
職場の中に介護職員や介護福祉士などが配備されている場合は更に仕事は少なくなります。
そういった面で、看護助手といえどやはり資格は持っていたほうが有利です。
看護助手として働く人たちに多いのは、「そばで辛そうにしていても声をかけることしか出来ない」というもの。
看護助手の中には、メンタルケア関連の資格を取る人も多いようです。
また、介護職員がすでに配備されているような病院ですと、看護助手の職種は介護職員より下になってしまいます。
そういった面から、ホームヘルパー2級以上や介護職員初任者研修資格などにも人気が高まっています。
食事や入浴の介助をする上で介護の知識は必要になってきます。
中には、看護助手の経験を何年か勤めた後、介護福祉士の資格を取るという人もいるようです。
看護助手になるには特に資格を持っている必要はありませんが、やはり責任を持って責任のある仕事を任せてもらうにはそれなりの資格を持っていたほうが有利です。
看護助手も民間資格ではありますが、看護助手認定資格という資格もあります。
何も資格は無いけれど、人と接する仕事がしたい、人を助ける仕事がしたいという人は看護助手は最適な仕事だと思います。